こんなお悩みはありませんか?

  • 物件確認の電話対応に追われている
  • 夜間や休日も問合せがある
  • 効率化を進め、オーナー対応など付加価値の高い業務に集中したい
  • 仲介会社への営業機会を増やしたい
  • 手軽にすばやく物件確認をしてもらえる仕組みがほしい

24時間365日、AIと音声案内で物確電話に自動対応。
その課題、スマート物確が解決します!

メリット

A社(管理戸数3,000戸)

  • ・物確対応にかかる工数が大幅に削減可能。
  • ・営業時間外や休日に稼働させることで、収益機会の拡大にも。
  • - 新規管理物件の獲得への体制強化が可能に
  • - 既存オーナー様への手厚いフォローによる信頼構築
  • - 人件費の削減
  • - 働き方改革
  • - 仲介会社からの電話を逃さず、営業機会を拡大!

主な機能

  • ポイント1

    音声認識で物件を特定

    音声入力により素早い応答速度を実現します。物件名を話すだけで、手間なく物件確認が可能。賃料などの条件が変わっても簡単に物件特定ができます。

  • ポイント2

    物件確認電話でそのまま図面請求

    賃料などの物件詳細情報を確認した
    後、そのままFAXで図面請求が可能。
    図面以外の書類もFAXできます。

  • ポイント3

    LINE Botによる応答も可能

    電車内など電話がしづらい場所でも、LINEで物件名を入力して物件特定ができます。
    特定した物件情報はトークに記録が残ります。

さらに、応答内容は各店舗ごとにカスタマイズ可能。
各店舗ごとの運用や要望にあわせて、柔軟にご利用いただけます。

  • 営業時間外も物件確認に対応

  • 回答項目・文章を自由に設定

  • 日別・曜日別の受電数など、
    多角的な受電分析

  • 人件費との比較検証

導入までの流れ

導入は、簡単STEP

  • STEP1

    導入スケジュール、
    利用プラン決定

  • STEP2

    物件情報連動の決定
    (システム自動連携
    もしくは手動更新)

  • STEP3

    物件情報の
    インポート開始

  • STEP4

    応答項目の設定など、
    必要情報の入力・設定

利用開始

体験版

自動音声対応
(FAX請求)

さらに詳しくは >

Line Bot

さらに詳しくは >

1

下記の番号を電話する

自動音声体験ダイヤル

050-3188-0056

2

下記の物件名を声に出す

3

AI音声自動応答

FAXの場合は

4

1

下記のQRコードから
LINEアプリで友達登録

LINEアプリを起動して、『その他』(…)
タブの『友達追加』でQRコードをスキャンします

2

LINEのトークルーム
で上記の物件名を入力

3

LINE Botが自動応答

基本料金

通話時間に応じた従量課金制。ムダな費用は発生しません。

月額利用料 = 基本使用料+通話料金

月額利用料5,000円〜

  • *管理戸数の上限はありません
  • *導入時に初期費用が発生します

会社名
お名前
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
お問い合わせ内容(任意)


個人情報の取扱いを表示